外壁塗装の見積もりはネットから

外壁塗装工事の際のコーキング工事って必要あるかな??

 

って思っているひと結構多いんじゃないですか??

 

お家の外壁のコーキングが切れているけれども、あまり危機感がない、というお家の方は結構おられるかと思います。

 

 

 

 

コーキングって何?

 

では実際コーキングとは何なのでしょうか。

 

壁と壁の間にある壁をつなぐ目地の部分にコーキングというゴムのようなものを見たことないでしょうか?

 

窓の周りやサッシの周りには必ず使用されているものです。

 

このコーキングによって壁との間にできる隙間をいろんな形で埋めているのです。

 

コーキングが壁の防水の部分では重要な役割を占めています。

 

ですのでこのコーキングが切れていたり、なくなっていたりすると雨水が簡単に壁の中に侵入してしまいます。

 

外壁塗装工事の際のコーキングの必要性は十分にあるのです。

 

 

コーキングが切れているのですが、特に雨漏りはしていないのですが・・・

 

これはどういうことかというと、一般的にお家の作りが外壁と内壁の間には断熱材などやパイプなどがある空間があります。

 

コーキングが切れていて雨水が全く侵入しないということはありえませんので部屋の中に侵入していない場合はこの空間の中に雨水が侵入していっているのです。

 

 

中の壁の下地や壁の裏側は防水仕様にはなっていませんのですぐにさびが回ったり腐食していたりするのです。

 

見えないところですので、開けてびっくり!!というようなことが起こっている可能性もあります。

 

 

コーキングはプロが見ても見るだけでは傷み具合がわからないことも多いので、外壁塗装工事の際には一緒にコーキングの打ち替えを進める業者が多いのはこのためです。

 

本当に早めの対応が大事な部分です。

 

 

「外壁塗装は必要」 ホントの理由

 

 

【外壁塗装の駆け込み寺】 外壁工事の見積もりはネットからできます。