外壁塗装の見積もりはネットから

外壁塗装工事中の雨ってどうなんですか??

外壁塗装の工事中、雨が降っても仕事は工事はできるのかな??

 

と大抵の方は不安に感じています。

 

 

 

外壁のペンキが雨で流れ落ちたりしないかな?

 

外壁が濡れていても大丈夫なのかな?

 

職人の人たちは雨の中でも危なくないのかな?

 

 

などなど、外壁塗装工事の雨にまつわる不安はいろいろあります。

突然の雨!!

工事中に雨が突然降ってくることはしょうがない事柄で、天気のことですのでよくあります。

 

今まさに塗装中です、という作業であれば、何にもいいことはありません。

 

しかし塗装職人の方がたは、常に天気のことは考えながら作業しているものなのです。

 

一日の天気予報は必ずチェックして雨が降りそうな日は、雨が降る前に雨対策なども施してから塗装に入ったりするものなのです。

 

雨養生

 

外壁塗装工事における塗装職人の雨対策の代表的なものが「雨養生」というものです。

 

まず養生というものは塗装する前に塗らないところをナイロンで隠す作業のことを言います。

 

このナイロンなどを使用して壁など塗装する場所、または塗装してかんそうがまだの場所などがある場合に雨に濡れてしまわないように一時的な屋根をつくって雨から避難する作業を雨養生と呼んでいます。

 

たとえ軒の屋根があまり出てないお家でもナイロンでしっかり養生できれば壁をほとんど雨が当たることはありません。

 

この雨養生という作業で急な雨でも塗装した箇所が乾燥していなくても、雨に濡れてしまうことを防ぐことができるのです。

 

雨の日の判断がちゃんとできる塗装業者

しかしながらいくら雨養生がしっかりしているからといって、雨の日には塗装の作業はできればやめてほしいものです。

 

 

その辺の判断は本来、職人と呼ばれる塗装のプロの方々に一任して工事を進めていきます。

 

しかし安心して工事完了を迎えられる場合ばかりではないという現状もあるようです。

 

実際には工事をする作業者たち職人のレベルとモラルに関係するところが大きいです。

 

雨など天候に左右される部分の判断もあいまいになったり、ちょっとくらいは良いだろうというように強引に仕事を行ったり、ということも実際にはあるようです。

 

外壁塗装工事は足場を組むところからではなく、

 

信頼のおける塗装業者、塗装職人を探すところからすでに工事が始まっているのです。

 

 

「外壁塗装は必要」 ホントの理由

 

トップページ