外壁塗装の見積もりはネットから

雨戸のペンキがめくれている・・・・

雨戸のペンキがめくれている状態というのは以前に塗装したペンキがめくれている状態です。

 

新築からまだ塗装されていない雨戸などはおそらくめくれる状態にはならないで、一回以上外壁塗装工事を行っているお家かと思います。

 

雨戸のペンキがめくれているという状態

雨戸のペンキがめくれている状態になるということペンキをぬった時の状態が影響していることが多いです。

 

よくあるケースでは、下地の調整(ケレンなど)が不十分だった、水分のある状態で油性のペンキを塗っていた、塗料自体の問題、
などが考えられます。

 

雨戸が鉄性の場合には、通常はさび止めを塗ってからペンキっを塗装していきます。

 

このさび止めは名前の通り、さびを止める役割と密着性を強めるという役割があります。

 

ですので、ペンキがめくれた原因がさび止めという工程がなくいきなりペンキを塗装していたということもあります。

 

状況によってはさび止めをしっかり塗っていてもめくれるということはまれにありますが・・・。

 

濃い色の雨戸であれば普通は赤のさび止めを使用しているはずですので、雨戸の色の塗膜の下には赤が見えているはずなのですが、どうでしょうか。

 

 

 

ペンキがめくれている状態での雨戸の塗装

ペンキがめくれている状態の雨戸の塗装は、前に塗装している、めくれている塗膜のケレンからです。

 

ペンキが完全に浮いていて触っただけでぽろぽろ落ちるような古い塗膜をまずは落とし切ります。

 

 

そのあとにサンドペーパーなどで表面を整えていきます。

 

手で触ってみても何もあたらないくらいまではしっかりとペーパーを当てていきます。

 

雨戸自体が傷だらけになる場合ペーパーの目の粗さを細かい目のものに変えていきます。

 

ペーパー後は、このケレンで出たホコリなどをしっかりと掃きだして掃除してから塗装していきます。

 

雨戸にさびがあるのですが・・・大丈夫なのかな
屋根の状態は把握している??

 

トップページ